埼玉県越谷市周辺での相続放棄に関するお問い合せはお気軽に
電話をかける
東武スカイツリーライン 新越谷駅 JR武蔵野線 南越谷駅 徒歩3分 駐車場完備

被相続人の死亡後半年以上経過してから被相続人の借金を知らされ、相続放棄した事例

概略

長いこと被相続人である長男とは同居していなかった父親Aさんは、死亡の際も遠方のため葬儀に出向かなかった。半年後に被相続人の妻から借金があるとの連絡受け、相続放棄した事例

相談者

Aさん:70代

相談前

Aさんは、10年以上前から被相続人とは同居しておらず、連絡も取っておりませんでしたので、被相続人に借金があることも聞かされておりませんでした。そして、Aさんは、長女から被相続人が亡くなったことを聞かされましたが、借金については全く聞かされておりませんでした。

そうしたところ、半年経過した頃に、被相続人の妻から被相続人が消費者金融から400万円余りの借金をしていることを初めて知らされました。

相談後

いわゆる3か月を経過した事例ですが、最高裁判所の判例を引用して、相続放棄熟慮期間(3ヶ月)の始期を被相続人の妻から借金の話を聞いた時点にずらして、相続放棄の申述をして無事受理されました。

弁護士からのコメント

被相続人には子供がいませんので、直系尊属であるAさんは、第1順位の相続人になります。したがって、通常であれば死亡の知らせを受けた時から3か月以内に相続放棄をしなければならないのですが、被相続人とは長いこと疎遠であったことをベースに、Aさんが被相続人の相続財産の存在を初めて知った日は、被相続人の妻から連絡を受けた日であると主張して、放棄が認められました。子供が先に亡くなり老親が相続人になるケースでは、両者が疎遠である期間が比較的長くなる傾向にありますので、Aさんのように債務の存在を知らされていないため、放棄をせずに時間が経過してしまうことがよくあります。3か月の期間が過ぎていても、相続放棄が認められる事例は多くありますので、諦めずに弁護士に相談してください。

3ヶ月経過後の相続放棄
Copyright (C) 2015 Ecclesia Law Office. All Rights Reserved.